どらま!ドラマ!DRAMA! 2nd Season

~日本のドラマ・映画、俳優・女優やシナリオライター(脚本家)などを徹底解剖~

*

『振り返れば奴がいる』の名台詞を振り返る/第九回 「敗北」(1993年3月10日)

      2015/10/24

前回、一昨年の3月に『振り返れば奴がいる』の記事を書いてから、何度か「フリヤツ」を見直し、この三谷幸喜さん脚本のドラマの名台詞を記録しておくべきだという義務感が湧いてきました。よって、ここに記すことにします。

その第九回です。

※一応、時間も表記しますが、CMを除いた大まかな経過時間です。
※なお、私が参考にしたのは再放送分なので、カットされた部分があると思われます。ご了承ください。

参考資料『月刊ドラマ』(映人社、1993年3月号) ※第一回~三回の掲載シナリオ

■第九回 「敗北」

司馬 江太郎(27)……織田裕二さん
石川 玄(27)……石黒賢さん
大槻 沢子(26)……千堂あきほさん
峰 春美(25)……松下由樹さん
中川 淳一(45)……鹿賀丈史さん
×   ×   ×   ×
星野 良子(27)……中村あずささん
稲村 寛(33)……佐藤B作さん
平賀 友一(35)……西村雅彦さん
前野 健次(26)……川上たけしさん
笹岡 繁三郎(41)……坂本あきらさん
中井 加世(22)……貴島サリオさん
富川 千代(24)……建部和美さん
理事長……林昭夫さん

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

●0:08~
中川「僕しかいないでしょうね、彼に引導を渡せるのは。僕しかねえ。ただまずいことにねえ、僕も金(かね)もらっちゃってるんですよ」
石川「部長」
中川「一方的に置いてったんですけどね。それがちょっと、引っかかってね」
石川「すぐに返してください。返してしまえば何の問題もない。お願いします! 司馬を追い落とすチャンスなんです」
中川「分かってます」
石川「今しかないんです!」

※のらりくらりと司馬の処分を避けてきた中川部長ですが、石川の気迫におされて引導を渡す決意をしたようです。しかし、後に実際に引導を渡すことになるのは理事長なのですが。

1:04
加世「あ、先生、カッコいい! 見てください、朝刊に載ったんですよ!」
千代「従来までの最短記録12時間を大幅に短縮! うわー、すごい!」
司馬「君たちのお陰だよ」
前野「司馬主任! ――おめでとうございます」
司馬「ありがとう」
前野「これで天真楼にも、司馬主任ありきですね」
司馬「君も頑張れ」

前野「…

※看護師たちの祝福に、心のこもっていない司馬の謝礼の態度が痛快です。そして、有名な前野の、「天真楼にも、司馬主任ありき」の台詞。「これで●●●にも△△△ありきですね」と言われてみたいものです。ただ、司馬のように上から目線で「君も頑張れ」と返す勇気はないですけど。

●6:00~
司馬「笹岡さん。あなたに、言っておかなければいけないことがあります」
笹岡「何だろ……」
司馬「クラリネットの件ですが……、申し訳ないと思ってる。僕は、あんなつもりで言ったわけじゃ……」
笹岡「もう……あの話は」
司馬「いや」
笹岡「反省してんですよ。やっぱり人に迷惑かけちゃいけないよね。下手すぎたもんなあ。いいんですよ、もう他に生きがい見付けたから。――(ゲームボーイの)スーパーマリオII。これ難しくてさ。とりあえず1面クリアーするのが今の目標」

※司馬と笹岡さんの屋上での印象的なやり取りの導入です。司馬が、前野が引き起こしたクラリネットの悶着について、多くの部分を自分の責任として受け止めていたとは意外ですね。ちなみに、ゲームボーイ(GAME BOY)のスーパーマリオは本当に難しいものでした。

●7:29~
笹岡「それよりさ、一つ、頼みがあるんだよ」
司馬「……」
笹岡「俺さ、そろそろ死ぬような気がすんのね」
司馬「……」
笹岡「逝く時はさ、あっさり逝きたいんだよ。苦しむの、嫌だし。家族にも迷惑かけたくないし。長引くようだったら、スパッとやっちゃってくんないかな」
司馬「リビング・ウィルっていうの、知ってますか?」
笹岡「何ですかそりゃ」
司馬「登録するんです、協会に。自分がどういう形で最期を迎えたいか、ちゃんと紙に書いて、残しておくんです。……尊厳死、っていうやつです」
笹岡「ありがとう……、先生」

※達観した笹岡さんの穏やかな口調と表情が忘がたいシーンです。いずれにしても、1993年当時も、21世紀に入って10年も過ぎた現在も、尊厳死は難しい問題ですね。本人が協会に登録したとしても。

●10:52~
沢子「中川先生と何があったの? だいたい想像はつくけど……」
司馬「……」
沢子「かばってあげたんだよね、先生のミス」
司馬「……」
沢子「違う?」
司馬「何の話をしてるんだ?」
沢子「どうして言ってくれないの? 私だって力になれたかもしれないのよ。全部一人で抱え込んじゃって――」
司馬「――行くぞ」
沢子「ちょっと待って。――何だったの、私って」
司馬「……今さらっ」

※「今さらっ」と強い口調で言ったものの、哀しい目をしている司馬です。念の為に補足すると、司馬の「――行くぞ」は、一緒に行くぞ、の意味ではなく、話し合いに応じず一人で行くぞ、の意味です。

●13:54 
石川「どうしてそこまでオットーさんの顔を立てなくちゃいけないんですか。何か裏で取引があるんじゃないか、そう考えるのが自然じゃないですか」
星野「お言葉を返すようですが、石川先生」
石川「はい」
星野「司馬先生がうちで一括してくださるということは、うちの製品が優れているからじゃありません?」
石川「そうは思いません」
星野「わたくしどもは、自分の製品に自信をもっております」
石川「いくら渡したんですか」
星野「怒りますよ!」
石川「答えてください!」
星野「ブラックマネーに頼らないと売れないような製品は、うちでは扱っておりません、失礼します」

※「ブラックマネーに頼らないと売れないような製品」を扱っている星野さんの精一杯の抗弁なのでした。あれだけ司馬と手を組んでしまったら、もう後には引けないですもんね。

●14:45~
司馬「石川ごときがほざいてもな、こっちは痛くも痒(かゆ)くもないんだよ」
星野「私、降りますから」
司馬「今さら、降りられると思ってるのか」

※「石川ごときがほざいても」と、まだまだほざいていられる司馬ですが、そろそろ退路を断たれつつあることを視聴者は感じ始めています、だってあと数話で終わりだもん。とにかく、司馬もやはり今さら戻れないと自覚しているのです。

●23:46~
石川「ただ悔しいのは、司馬を病院から追い払うことはできても、彼の医師免許を剥奪するまではもっていけないということなんだ」
稲村「そこまで望みますか」
石川「技術は認めます。でも彼はドクターであるべきじゃない」

※ここにきても技術はちゃんと認めてあげる石川。峰が惚れるわけです。

●24:20~
司馬「理事長、一つ、はっきりさせておきたいことがあります」
理事長「どうぞ」
司馬「なぜ、僕は今日ここへ呼ばれたんですか? 少しでも購入委員会に、現場の意見を採り入れようということではなかったんですか?」
理事長「そうですよ」
司馬「僕が提出したリストは、現場の意見です」
中川「いえ。彼、個人の意見です」
司馬「いえ、現場の意見です」
中川「違う!」

※映画『踊る大捜査線』(1998年)で名高い、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」という織田裕二さん(青島俊作)の台詞ですが、「現場第一主義」はもうこの頃から持っていた主義だったのですね~、なんてな(by 和久さん)。

●26:10~
石川「部長をかばったってこと?」
沢子「それなら説明つくと思わない?」
石川「……」
沢子「どうして中川先生が司馬をかばい続けるのか」
石川「……」
沢子「司馬が変わったのもあれからなの。全部説明ついちゃうの。司馬は、石川先生や私が思ってるような人間じゃないのかもしれない」

※うーむ、沢子はつまり司馬をどう思っていたということになるのでしょうか。昔からもう少し司馬の味方かと思っていましたが。

●31:15~
理事長「まさか君、金(かね)で釣ろうってわけじゃないだろうね? そんなことをしてみたまえ、君は終わりだよ。世界中の人間が、君と同じ考え方をするとは、思わないことだ」
司馬「(アタッシェケースを開いて)外科部全員の同意書です。――僕は、潔白です」
理事長「そうですか」
司馬「それだけは、どうしても言いたくて」
理事長「分かりました」
司馬「失礼します」
理事長「――司馬先生。ちなみに、いくらで釣ろうとしたの?」
司馬「……

※「世界中の人間が、君と同じ考え方をするとは、思わないことだ」には、ようやく良心のある病院関係者――権力のある病院関係者――が出てきたと安心したと同時に、司馬の暗躍に終止符が打たれるであろうことに残念な気持ちも感じてしまいました。それだけに、その後の「ちなみに、いくらで釣ろうとしたの?」に、私はニンマリしてしまいました(司馬はまだ固い表情を崩さないままですが)。

●32:40~
司馬「後先考えずに……。知りませよ」
中川「考えた上でのことだよ」
司馬「僕は喋りますよ。まわりはあなたを尊敬の目で見てる。この分じゃ僕が不利です」
中川「……」
司馬「あとは、あなたが尊敬に値しないドクターであるということを、公表するしかないでしょう。お気の毒です」
 

※「僕が不利だ」と言いつつも、会議室に戻る前に理事長を抱き込めたらしい司馬に、少し余裕が見えます。

●33:59~
石川「分かってください。僕の目的は司馬を糾弾することなんです、不正を暴くことじゃない! あなたがしたことにも目をつむります、だから力を貸してください」
星野「……本当に、契約してくださるんですか?」
石川「命に代えて」
峰「待ってください、じゃあ野田さんは!」
石川「しょうがないよ、この際!」
稲村「石川先生、そりゃないよ!」

石川「(星野に)取引しましょう」
稲村それじゃあなた、司馬先生と同じじゃない、やってること!」
峰「そうですよ!」
石川「僕には時間がないんだ!」
 

※確かに気の毒すぎる野田さんです。そし稲村が指摘したような、糾弾する側が糾弾される側と同じような状態になってしまうという設定は、フィクションではありがちですが、嫌いじゃないです。人間の業(ごう)というか悲しい性(さが)を見るようで。

●35:50~
司馬「罠の、可能性があります」
理事長「罠?」
司馬「誰かが、僕になりすまして金(かね)をせしめようとした」
理事長「どういうことですか?」
司馬「あなたは今朝、金を用意しろと言われたんですね?」
星野「そうです」
司馬「誰にですか?」
星野「あなたです」
司馬「電話で言われたんじゃないですか?」
星野「はい」
司馬「本当に、僕ですか?」
星野「ええ」
司馬「どうして分かるんですか?」
星野「名乗ったじゃないですか、司馬です、って」
司馬「僕は知らない」
星野「医局に電話したんですよ」
司馬「医局には他にも大勢ドクターがいます」
星野「あなたの声でした」
司馬「確信をもって言えますか?」
星野「……」
司馬「よーく、思い出して」
星野「……」
司馬「本当に、僕の声でしたか?」
星野「そう言われると……」
司馬「誰かが、僕の名前を勝手に名乗ったとは考えられませんか?」
星野「……ありえます」
司馬「あなたが、直接金を渡したのは誰ですか?」
星野「……」
司馬「僕の代理と偽って、金を受け取ったのは、誰ですか?」
星野「……平賀先生です」
司馬「平賀先生を呼んでください」
中川「ああ……(と頭を抱える)」
 

※スリリングな、スリリングすぎる司馬の立ち回りです。私もあの場に居たら、思わず中川部長のように嗚咽を漏らして頭を抱えていたでしょう。ただ、台詞としては、司馬に「電話で言われたんじゃないですか?」と発言させるのではなく、星野の口から「電話で言われた」と言わせるよう誘導すべきでしたね。司馬が電話と断定的に言うのは言質(げんち)を取られるリスクが高いでしょう。

●38:10~
理事長「あなた、中川先生に金(かね)を渡そうとしましたね?」
平賀「はい……」
理事長「その金は、オットーからもらった金ですね?」
平賀「はい……」
理事長「夕べ、中川先生にこの金を渡したのもあなたですか?」
平賀「は?」
理事長「中川先生」
司馬「……(中川を凝視する)」
中川「…………思い出しましたー、平賀先生です」
平賀「!?」
中川「僕の勘違いでした、司馬くんじゃない、彼です」
平賀「何すか、そりゃあ?」
中川「どうも、すいませんでした」
平賀「ちょっとー! ちょっと……×××××」
理事長「平賀くん! 往生際が悪い!」
平賀「何だ、これは……」
理事長「これで、明白だな」
平賀「え、ちょっと待ってください、あの……×××」
理事長「主任の名を騙(かた)って、オットーからリベートを取ろうとした罪は重いよ。覚悟しといてください!」
平賀「ちょっと理事長、待ってくださいよ……、ふたりとも、何とか言ってよ……なぜ黙ってんだよー……ああ、このやろ……×××」

※中川部長を凝視した司馬の目は凄味がありまくりで、気圧(けお)されるのも無理ないです。可哀想すぎる平賀ですが、当時の西村雅彦さんの知名度では不憫に思う視聴者は少なかったかもしれませんね。それに、熱演すぎのため、台詞としては「×××」で表現せざるを得ないような意味不明ぶりで、ペーソスの中にも少しユーモラスがあり、同情度が下がってしまいます。ちなみに以前、『2ちゃんねる』上では、一連の平賀の台詞は以下のように表現されていました。

「ハ、ちょっと・・フギル・ク、ちょロ・・フングフトゥンなんだ、コ、フゥー
エ!ちょと待って下さい・・・オグトオォー、エチョトチョオ理事チョマッテクダ
ふたりともなんとか言ってよーォ・・ンー何で黙ってんだよょ、お前ラ~
オクー・・・・ズフー・・(バン)このやろー・・アーウフフウウェウェフル」

●39:50~
理事長「司馬くん。――少し、苦しかったねえ」
司馬「理事長のお陰です」
理事長「当然だよ。……もう少し、請求してもいいくらいだよ。オットーに電話しといてよ」
司馬「……(うなずき、顔を上げて不敵に笑う)」
 

※理事長はそんなにお金に困っていたのでしょうか。いや、『人は持てば持つほどますます欲しくなる(The more people have, the more they want.)』の格言の通りということでしょう。

●40:25~
司馬「あんたも喰えない女だな」
星野「そう?」
司馬「何でひるがえった?」
星野「だって目で訴えるんだもん。同情したのよ。それにね、勝ち馬に乗り換えるの、得意なんです」
 

※星野の言う通り、「目で訴える」の見本のような目でしたからね。

●41:03~
司馬「部長。……お互い、生き延びたじゃないですか」
中川「理事長には、いくら渡したの?」
司馬「……」
中川「悪い奴だなあ……」
 

※「悪い奴」と言うより、「悪い奴ら」なんですよ、中川部長!

●41:47~
司馬「ありがとう。いろいろ、手を回してくれて。――楽しかったよ」
石川「
――(司馬の顔を殴る。そしてもう一発殴る)」
稲村「もういいよ! いいんだよ! やめろ!」
司馬「こんなことに力使うなよ」
峰「もっと大事なことに時間使いましょうよ! 好きだから……! 石川先生のこと好きだから! そんな石川先生、見ていたくないんです!」

※峰は嫌かもしれませんが、視聴者はこんな石川先生を見ていたかったりするんです。

●42:50~
中川「司馬くんも、やるよねえ。超えられちゃったかなあ、僕も」
沢子「部長、結局NRDは?」
中川「購入することになりましたよ。司馬くんの力業(ちからわざ)でね。オットーもお咎(とが)めなしです」
沢子「司馬はどうしてあんなにNRDを?」
中川「親父さんをね、膵臓癌で亡くしてんですよ、彼。その時病院にNRDがあれば――。そう思ったんじゃないですか」

※「超えられちゃった」かどうかと言えば、前回、金を渡された時点から超えられていたでしょうね。そして、平賀という一人の中堅医師を失うことになったのに、何となくイイ感じで締めちゃう中川部長なのでした。

 - 振り返れば奴がいる ,